アイアクトにはどんな成分が入ってるの?成分とその効果を検証!

まぶたの痙攣を抑えてくれるというアイアクト。いったいどんな成分が配合されているから痙攣を抑えることができるのか?どんな成分が入っていて、どんな効果が期待できるのか、検証してみました。

 

 

 

 

 

☆アイアクトの成分

 

 

 

アイアクトの成分をまずは調べてみました。

 

主要成分は3つあります。

 

 

 

一つ目が、アルジルリンというもの。

 

これは化粧品成分の一つで、塗るボトックスとも呼ばれています。

 

もともとはアミノ酸の一種なんですよ。

 

 

 

しわや肌のハリの対策に用いられる成分だということです。

 

 

 

二つ目はシンエイクです。

 

こちらも塗るボトックスなんて呼ばれるそうなんですが、シンエイクは筋肉の硬くなったシワを弛緩させて伸ばす働きがあるんです。お肌をリラックスさせ、なめらかにしてくれるというのです。

 

 

 

 

 

三つ目はプロジェリンカプセル。

 

プロジェリンというのはコラーゲンなどを分解する酵素を抑制する成分です。コラーゲンなどを妨害する成分を抑制してくれるので、しわの予防、改善に効果が期待できます。

 

 

 

 

 

これらの有効成分が配合されつつ、お肌に塗るものですから、添加物などは除外しています。

 

お肌にやさしいアイアクトを目指した結果ですね。

 

 

 

 

 

☆アイアクトの効果とは?

 

 

 

 

 

これらの成分を含むアイアクトはどんな作用があってどんな効果があるのでしょう?

 

 

 

成分を見ているとボトックス注射のような働きがあるんですね。

 

 

 

まぶたのピクピクはその当事者でなければ、その苦悩はわからないものなのです。

 

治療のために病院に行けば、まぶたに注射を打つということもあるようです。

 

ボトックス注射が治療の主流となっているそうです。

 

 

 

でもこの注射、人によってはとっても痛くて泣きたくなるそうです。痛くてそれがストレスで病院に行きたくないと思う人もでてくるそうですし、できれば家で改善できるものがあればいいなと思うのはみんな同じでしょう。

 

 

 

アイアクトはこれらの成分、ボトックスに使われている成分をナノ化し、まぶたに塗ることで皮膚に吸収させ、痙攣を抑えてくれるものなのです。

 

 

 

 

 

まぶたの痙攣の原因はストレスと言われています。

 

 

 

ストレスをうけることで脳からアセチルコリンという興奮物質が異常に放出され、これが原因となり目の周りが緊張し、まぶたがぴくぴくしたり、ひどいときは目が開けられないというようなことも起こるわけです。

 

 

 

これがまたストレスとなり、悪循環を繰り返しているのが現状なのです。

 

 

 

痛い注射でもなく、高い治療でもなく、自宅で手軽にケアすることでこのストレスから解放されるというのはとてもうれしいことですね。

 

 

 

すでに多くの人たちがこのアイアクトでその苦悩から解放されています。

 

まぶたの痙攣に悩んでいたら、ぜひとも一度お試しください。

 

公式サイトはこちら!

アイアクト

http://www.spine-s.jp/